スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やれやれ、久しぶりの寄稿(奇行?)です。

皆さんしばらくぶりです。
止まれ!
3ヶ月も間を開けて思い出したように寄稿するなんて、はたしてこれはブログと呼べる代物なんでしょうか・・・・自ら疑問を呈し、突っ込みを入れておりますが、そんな場合ではありませんね。

早いもので、もう来年の背中が見える11月に突入してしまいました。今日からは来年初の土曜ゼミの受付も始まっております。

さて、ちょっと前の話で恐縮ですが、10月中旬に茨城県土浦市内に用事があったついで、隣接する美浦(みほ)村は霞ヶ浦の畔に住まいを構える木村義輝先生宅を訪問してきました。
訪問の目的は義輝先生の三男坊の祐君が先般行われたスペインギター音楽コンクールにみごと優勝、アンダンテでは毎年の優勝者に賞としてアンダンテ内ホールでのコンサートにゲストとして出演してもらっており、その打ち合わせをするためです。

祐君は皆さんご存知の通り、木村大さんの~すぐ下とは言え10歳も離れた~弟さんです。
本来なら祐さんと“さん”付けすべきところですが、“君”と呼ばせて頂いているのは、彼がまだ高校3年生という年齢ゆえ・・・それにしても若いですよね。
昨年優勝の藤元高輝“君”といい近年、高校生を含め10代でのコンクール優勝が当たり前となってきて、改めて早期教育の優位性を見せつけられた次第です。

一方、土曜ゼミはと言えば、参加者には怒られそうですが、“おじさん”の領域に足を踏み入れた年齢層の方が圧倒的に多くなり、しかもそれが固定化してきました。
もっともこちらはコンク-ルなどとは目的が違うので、年齢も、上手い下手も関係なくやっている訳ですが、それでも、参加者に共通した『上達したい』という意欲はコンクールに出るような若い人たちに負けないものを感じるのです。
むしろ、貴重な家庭サービスを辞退したり、たまの休みを返上して都心まで足を運ぶというのは、よほど熱心でないとできないことだと思います。

『ただ純音楽的にギターが上手くなりたいだけ』なら、そこはいち個人の域を出ない問題なので、普通ならわざわざアンダンテまで足を運ぶ必要はありません。
おそらくは皆さん、あまり意識はしなくても心の中では、土曜ゼミを一つのゲームとしてとらえ、仮想のコンクールとして楽しみにしている側面もあるのかな、なんて考えみたりします。
まあ良い意味での競争であったり、言い方を変えればお互い刺激し合う~そういった関係が、一人黙々と練習に励むよりは大きな成果をもたらすであろうことを皆さんよくご存じなのかも知れませんね。(確かめた訳ではありませんが)
ひょっとして、私が気が付かないだけで参加者同士、見えない火花が散っていることもあるんでしょう。

ただ、それもこれも土曜ゼミが終わるまでの話。
終演後の反省会の酒席では“いくら練習しても覚えられない”“上手くならない”というおじさん達のボヤキが聞こえてきます。
(そこがまた皆さんの可笑しいところであります。)

きっと上達しないと思っているのは本人だけで、端から見ているとなかなかどうして皆さん、出ている回数に比例して、上手になっているんですよ。
コンクールに優勝するような十歳代の進歩は望むべくもありませんが、亀のごとき歩みでも、一年前とは違っているというのは厳然たる事実です。

大いなる可能性を信じて、すべてのギターファンの目標になって欲しいと思います・・・・ね、参加者の皆さん!

カフェ ラルゴの店長、ご来店・・・

土曜ゼミのブログ開始の報告以来2度目の寄稿となります。
昨日は土曜ゼミと同じくアマチュアギタリストに演奏の場を提供しているカフェ・ラルゴの店長:多 幸久さんが奥さんを伴ってアンダンテに買い物に来られました。
なんでも、多さん主催の『フリーコンサート』に来られる出演者の皆さんが、結構目新しいギターのアクセサリーを装備されて来るとかで、その探索を兼ねて、とのことでした。

そうはいっても、アンダンテだって最新のアクセサリー類には疎い方で、逆にお客さんから教えられて、品揃えをしているくらいですから。
それでも、比較的新しいグッズを見つけられたんで、買って頂きました。心より感謝です。

さて、アンダンテとラルゴ、同種のアマチュア対象のコンサートを企画しているからといって、決してお互いを過度に意識したり、競い合ってるとかいうことはまったくありません。
元々店長さんは当スタッフの松山とは親しい間柄、お知り合いの方がギターを探していらっしゃる際にはアンダンテを紹介してくれるような有り難いお客さんでもあるんです。
そこで出るのはやはり、アマチュアギターコンサートのハナシ。

土曜ゼミが出演者を13人に限り、休憩入れても、正味2時間30分で終わるのに対して、フリーコンサートのほうは出演者数はほぼ無制限、開催時間も4時間以上に及ぶということで、体力ではまったく勝負になりませんでした。
そういえば、店長さんは身体も大きいし、名字も『おおの』と名実共にアンダンテ・土曜ゼミの完全敗北という感じです。
店長曰く、私の2時間強ではまだまだ修行が足りないとのこと。
言い訳させてもらえば、土曜ゼミはアマチュア演奏会という目的もさることながら、反省会にかこつけた飲み会にも重きを置いていますので、その二時間を確保するためには演奏会部分を現状で押さえるのは万やむを得ずなのであります。

ところで余談ながら久しぶりにお会いした店長さんは、だいぶスマートになられていましたね。
これは飲み会が楽しみな土曜ゼミの主催者である私との大きな心がけの差でしょうか。

このブログを書くのに店長さんのブログを読ませて頂きましたが、土曜ゼミでも良く見かける名前の方が結構いらっしゃって、ギターに対する情熱の大きさには改めて頭が下がる思いがしました。
もし1ヶ月の間にアンダンテとラルゴに出演したら、2週間おきにギター抱えて都心まで出向いてくる訳ですから、これはスゴイものです。

来るものはすべてウェルカムのラルゴさんに対して、飲み会の時間を確保するために(それだけではありませんが)定員を設けているアンダンテ。
出演者の顔ぶれがかぶる部分も多々ありますが、それなりに会のコンセプトの違いが出て参考になりました。

ラルゴの店長さん、これからも一緒に頑張りましょう。




本日締切!&明日開催「土曜ゼミ」

7月もいよいよ終わり。
不順な天候に惑わされがちなこの頃、いかがお過ごしでしょうか?
いよいよ明日8月1日、8月期・第84回土曜ゼミナールが開催されます。
参加者の方もお客さまも、準備はよろしいでしょうか?

また、9月5日に開催されます第85回土曜ゼミナールのエントリーも本日7月31日が最終締め切りとなっております。
こちらの9月土曜ゼミでは、特別編としまして、ハワイアンギターのレパートリーで新境地を開いているMAYUKOさんに第3部のゲストとしてご登場願います。
MAYUKOさんの演奏で、長閑なハワイアン・ギターをお楽しみいただければと思っております。

エントリーはこちらから↓(専用フォームへ飛びます)
http://andante.aki.gs/wwwmail/sat_semi.pdfc.html

それでは、また明日!

8月期土曜ゼミ開催&9月期土曜ゼミ募集中

普段の練習の成果を人前で披露!
大好評の中、毎月第一土曜に開催しております「土曜ゼミナール」は、
平成14年の9月にスタートし、回を重ねるごとに参加人数が増え4年程前からは常に定員をオーバーするようになりました。
当「アイゼナハ音楽院」の受講生の方々は勿論、
個人で演奏されている方、他の音楽教室でレッスンを受けている方など、
色々な立場の方が参加し、それぞれの演奏を弾き合い、聴き合っております。

人前で演奏する事が苦手だからこそ、それを克服したいと言う人。
自分の練習の目標の為に参加したい人。

どんな思いを胸に演奏するかはその人次第。
様々な方々が、思い思いの目的を胸にギターを奏でます。
ギターと他楽器のコラボレーションも歓迎!お好みの編成でご参加下さい。

8月の第84回土曜ゼミナールは以下の方が当選しております。

1.エントリーNo.19
2.渡辺美保子
3.増田忠文
4.平川 三郎
5.池田 浩一
6.臼田 直哉
7.鈴木 雅良
8.小寺 均
9.エントリーNo.7
10.小此木 豊
11.佐藤 和浩
12.エントリーNo.8
13.杉本 工

当選者の方々、素敵な演奏を期待しております!


また、今月31日が応募締め切りである第85回土曜ゼミナール(9月5日開催)ですが、
現在の状況では若干定員に余裕がございます。
いつも参加したいと思いつつ勇気の出ない方も、今日初めて土曜ゼミを知ったという方も、
この機会に応募してみませんか?

お申込みは以下の専用フォームから!
http://andante.aki.gs/wwwmail/sat_semi.pdfc.html
ご質問などがございましたら、当店HPにございます連絡先にお気軽お問い合わせ下さいませ。

それでは、沢山のご応募お待ちしております。

ブログ始めました。

スタッフのEです。
この度土曜ゼミその他の連絡やレポ、そしてアンダンテ&アイゼナハ音楽院を皆様にもっとよく知っていただく為に、ブログを始めました。

アンダンテ&アイゼナハ音楽院に通っていただいている方は勿論、
そうでない方とも交流できればと思っておりますので、
お気軽に閲覧・コメント下さいね。

梅雨も明けて暑さの厳しくなってきたこの頃ですが、
このブログをご覧の皆様が健やかに過ごせますように…

ではでは。
プロフィール

アンダンテ&アイゼナハ音楽院

Author:アンダンテ&アイゼナハ音楽院
★アンダンテ
・クラシックギター専門店(入門者用、邦人手工、直輸入、ヴィンテージ)
弦、CD、国内楽譜、輸入楽譜、アクセサリー
(下取り歓迎、通信販売・地方発送可、出張販売、割引応談)

・コンサート・各種イベント開催

★アイゼナハ音楽院
・ギター 、リュート、チェロ、フルート、ヴァイオリン
声楽(Sop~Bass) 、ア・カペラ(無伴奏合唱) 、
ピアノ (子供~ 大人 ・ポピュラー&ジャズ)等、
レッスン行っております(今後も拡大予定)

・フレキシブルレッスン制で、急用などでも振り替えで対応!
詳しくは等学院HPをご覧下さい。
お電話(03-5281-0922)・メールにてのお問い合わせも歓迎いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
このブログのお客様
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。